2006年のテーマ

今年考えていこうと思っているテーマは「人の情報のためかた」について。
情報の種類、情報はどうやってたまっていくか、更新される(置き換えられる)情報と加えられる情報、情報がたまったときの優先度、たまった情報の探し方と閲覧(ブラウジング)、情報の見つけ方、などを体系化してみたいと思います。


ウェブサイトの設計(情報アーキテクチャ設計)においては、コンテンツの属性情報とユーザーのニーズに従って内容を整理、階層化しています。現在のところ、僕自身が用いている主な情報は単純化すると以下のものです。

コンテンツの属性情報

  • 更新される情報(差し替えられる情報)
  • 追加される情報
  • その他(一般的な情報)

ユーザーの属性

  • ユーザーの種類
  • ユーザーの状況

これらに従って、必要なコンテンツ(内容)や機能を決めて、サイト構造の中に配置していきます。

一般にはこれらのユーザー、コンテンツに加えてビジネス要件やサイトの状況(=context)がサイト設計の三要素となります。

3 elements for ia

このユーザーとコンテンツを結びつける部分がサイト設計の腕の見せ所ですが、この部分のプロセスはまだ研究途中の分野です。ここに対して「人が情報をどうためて、それをどう再利用するのか」という観点からまとめていきたいと思っています。といって現時点(06年1月6日時点)では、まだめどはたっていませんが、ちょっとづつ議論をしていってみたいと思います。

以下参考情報

  • Ambient Findability
  • CcheckPad
  • Remember The Milk
  • BackpackIt
  • DEVONthink
  • Hog Bay Notebook
  • OmniOutliner Pro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です