ペルソナ法と塩野七生氏

ペルソナ・シナリオ法という言葉がはやっている。

ペルソナ法とは簡単に言ってしまうと、デザインをするとき、一般的でない、具体的な利用者をイメージせよ、という方法。

先日もそういったセミナーを開催したが(すいませんQ&Aの結果はもうじきこの場でお答えします)、その際いつも、「ペルソナ法だとその人向けだけに特化されてしまうのではないか?」という趣旨の質問をいただく。

毎回「そういうものではなく、具体的に対象者を想定することで企画が具体的になる、ということを意図しているんです」という返事をしているのだが、たまたま読んでいた塩野七生さんの「男たちへ」にそのものずばりの解答が載っていた。

(略)ここには、創作活動のカギの一つが見事に言いつくされている。(略)その私でも書くときは、読者は頭になく、眼の前の担当編集者に向かって書く。彼を、でなければ彼女を、うならせてみたいという思いだけで書く。なぜなら、それが上手くいけば、その向こうにいる不特定多数の読者にも自然に通じる、と確信しているからである。(太字は傍点部)
男たちへ―フツウの男をフツウでない男にするための54章 (文春文庫)

とまあ、そういうわけなんです。

ペルソナ法と塩野七生氏」への3件のフィードバック

  1. かつき

    お笑い芸人さんも、客席の特定の人をターゲットにして呼吸を作るっていうしね。

  2. A2

    それ、読んでないです・・。
    それにしても、
    超具体的に考。ものを実現化するにはソコなんでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です